税理士という資格は意外と目指しやすい

  • 税理士という資格は意外と目指しやすい

    • 士業という分類の仕事があります。

      京都の相続のマニアックな情報をお届けします。

      弁護士とか会計士とか税理士とかそうした後ろに士と付く職業です。

      殆んどが国家資格であり、難関試験に合格してやっと得ることができる資格になります。


      しかし、その中でも税理士と言うのはかなり目指しやすい部類に入ります。

      別に試験が簡単というわけではなく、試験を分割して受けることができるからです。
      科目別試験制度というもので、必須科目、選択必須科目、選択科目というものに分かれています。
      言うまでもありませんが、必須科目は必ず取らないといけない科目です。選択必須科目は二科目以上を選ぶ必要があり、選択科目は一科目、或いは選択必須科目で三科目を取っていたら選択科目は取得する必要はありませんので必ず取得しないといけない、と言うわけではないです。取得する順番などは決まっていないのですが、基本的には必須科目から取得するのが常道です。

      必須科目というくらいなのですから、税理士として重要な科目だからです。

      相続の弁護士の口コミ情報をまとめました。

      簿記論と財務諸表論という科目が二科目あり、両方とも取得することになります。

      まずはこのどちらかを取得するのがベストです。
      難しい試験ではありますが、科目を一度にすべて合格する必要はありませんし、一度合格した科目は一生科目合格として有効ですから、忙しい社会人でも計画を立てて数年がかりで勉強すれば目指せない資格ではないのです。ですから、少しでも簿記の興味があったら目指してみることをお勧めいたします。


      世の中には先生と呼ばれる職業がいくつかあります。
      弁護士や医者などがそれにあたります。

      一流の千葉市の弁護士関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

      私たちの生活にわりと身近な税理士もそのうちの1つではないでしょうか。
      これら先生と呼ばれる職業に就くことが世間一般では成功と考えられているようです。

      さて、こうしたこともあってか昨今人気の資格となっている税理士の資格ですが、取得しようと思っても誰もが取得できるわけではありません。というのも資格取得の受験には受験資格が設けられているためです。


      その資格というのが大学などで経済学部や法学部を卒業しているということなのです。



      要はしっかりとした下積みが必要で、思い付きで取れるような資格ではないということですね。

      それでは最終学歴が高卒や専門学校卒業の人は改めて大学に通わなければならないのでしょうか。

      お手軽に京都の離婚情報探しに特化した総合サイトです。

      実は、受験資格を得る方法は他にもあるのです。例えば税理士事務所や会計事務所で3年以上勤務することです。


      3年以上働いている状態で職務経歴書を提出すると受験資格を得ることができます。

      https://m3q.jp/t/4868

      他にも、日商簿記1級の試験に合格することです。こちらの場合は合格証明書を提出することで受験資格を得ることができます。


      しかし、どちらの場合もやはり下積みと言える期間が必要なのは変わりありません。

      http://okwave.jp/qa/q7691274.html

      中途半端な気持ちでは受験資格を得ることすら難しいことから、税理士という職業に就くことがどれだけ難しいかが分かります。

      また、かなり時間がかかる方法ではありますが国税官公署で23年以上勤務し、研修を受けることで資格を取得することができます。

      この場合ですと受験する必要がありませんので、若干ハードルは下がるのではないでしょうか。

      http://smany.jp/6571

  • 関連リンク

    • 税理士は、税金全般に関するエキスパートです。税務署に所定の年数以上勤続していたり、国家試験に合格することによって得られる資格で、会社の税務処理についての管理やアドバイス、書類作成を行ったり、個人の税金に関する相談に乗ったり、アドバイスをしたり、確定申告等の書類作成の作成代行を行います。...

    • 税理士とはどのような職業なのでしょうか。一言で言ってしまえば、税務の専門家ということになります。...