税理士という資格は意外と目指しやすい

  • 所得税と住民税の節税

    • 皆さんは平等に収入に応じて定められた金額を国や自治体に支払っています。


      それは国民の義務であり、国民一人ひとりが社会を支えていくために必要なお金です。しっかり法律によって定められた通りに税金を納めて、世の中を支えていきたいです。



      しかし、現在どんどん「増税」が進んでおり、その反面給料はあがらず減収や失業も増え中々スムースに税金を納めることは困難です。


      だからといって税金を納めないでいると、給料を差し押さえられたり、必要なサービスを受けられなくなったり、税収額や税収率が下がると不公平感からか機関を信頼できなくなり、他の人も税金を滞納しはじめたりと悪循環に陥ってしまいます。

      一つ上の京都の相続放棄のマニアックな情報をお届けします。

      ですから、きちんと支払えるようにできる限り節税したいです。節税できる額は少ないかもしれませんが、毎年のことですから、積み重なっていくと大きな金額になります。


      所得税と住民税において、生命保険や損害保険、地震保険の加入があれば控除をしっかりと受けて節税しましょう。
      また、扶養控除を活用するなら節税できます。妻や子以外にも遠くにいる収入の少ない両親を仕送りなどで経済的に援助している場合も扶養控除が受けられる場合があります。


      また、増えている共働き世帯において万が一夫が職を失ってしまった場合には夫を対象に妻が扶養控除を受けることができます。

      医療費控除も節税になります。



      年間の医療費が10万円以上であれば医療費控除を受けられますので、(収入が低い場合は10万以下で受けられる場合があります)病院の領収書やドラッグストアで薬を買った場合の領収書は捨てずに保管しておきましょう。
      この医療費控除をうけて節税する場合は、確定申告を行う必要があります。
      決められた時期に決められた場所に出向いて手続きするという手間はかかりますが、方法は丁寧に教えてもらえて、操作もしてくれたりもしますので、確定申告し、「所得税」と「住民税」をしっかりと節税しましょう。


      会社の社長さんにとって税金の存在というものは煩わしいものです。
      現在の実効税率は軽減税率がなければ約42%と非常に高いものがあり、しかも利益の有無にかかわらず消費税の支払は発生しますから、さらに社長さんの頭を悩ませる原因となります。

      横浜の弁護士の人気度が上昇しています。

      これらの税金の支払を何とか食い止めたい、又は後伸ばしにしたいと考えることになりますが、決算直前にいい方法はないかと考えても時期を逸している事が多く、大したことはできません。

      今話題の新宿の不動産の弁護士といえばこちらのサイトです。

      事業年度も半ばを過ぎると年間の見通しは立ってきますから、最低限でも残り半年を残した時点で節税対策をスタートする必要があります。

      節税対策にもいくつかあり、よくインターネットで取り上げられているのが高級車を4年落ち以降の中古で買う事です。

      なぜ中古かと言いますと、中古車を買うと通常6年の耐用年数が2年で終わり、償却が早く済むからです。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7732519.html

      手っ取り早く利益を落としたいという場合この手法は有効です。


      また、資金的な余裕があればという前提つきですが、設備投資も有効です。

      節税の必要があるほど利益が出ているという事は仕事も順調でしょうから、設備投資をするとともに特別償却等の税法上の恩恵を使い利益の圧縮を図るのです。

      更には、社長さんの親族の従業員の給与を引き上げたりすることも効果があります。

      また、費用を増加させることも重要ですが、無駄な支出は会社の体力を消耗させるだけですから従業員の士気向上の観点からも、給与やボーナスを上げたり社員旅行を海外にしたりすることで利益の圧縮が可能です。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8239421.html

      最近は究極の節税対策として、大きい建物を所有している法人を中心に太陽光パネルを屋根に設置することで設置費用の全額を特別償却という事で費用計上することが増えています。

      税法上問題はないので、これを導入すると値段が高いこともあり利益が一気に圧縮されます。
      ただ、太陽光発電の売電は法人の場合、一般の個人より不利なケースがあるので事前確認は必須です。
      このようにして節税手段はいろいろありますので、早めに節税対策をスタートすることをお勧めします。

      http://smany.jp/6571

  • 関連リンク

    • 税理士になる事で、税務相談を初めとして、税務書類の作成や税務署への申請手続き、そして税務署への不服申し立てと言った独占業務を可能にします。資格を保有する事で、独占業務を可能にすると同時に、税金に関するプロとしての地位を獲得する事が可能になるのです。...

    • 会社を経営する中小企業の社長さんにとって、税金の申告や税金対策は重要です。帳簿のチェックや、時には全ての記帳を依頼する事もある程、会社の重要な機密を握る大きな役目を任せる事になる税理士は、どんな人でも良いというわけには行きません。...