税理士という資格は意外と目指しやすい

  • 税理士とはどのような職業なのか

    • 税理士とはどのような職業なのでしょうか。

      相続放棄のための相談情報について考えます。

      一言で言ってしまえば、税務の専門家ということになります。



      各種税金の申告を代理で行うことや、税務書類の作成、税務相談などが主な仕事です。

      「士」とあることから見てもわかる通り、国家資格である士業の一つです。

      公認会計士や弁理士同様に、国税庁や財務省の監督の下に置かれています。

      税理士に何か不祥事があった場合は、財務大臣の懲戒を受けることになります。元々は明治時代に、様々な税制が制定されたのに伴って起こった職業とされており、税務代弁者、または税務代弁人と呼ばれていました。

      初めてでもわかりやすい、京都の離婚の情報を公開しているサイトです。

      その後税務代弁者の活動の場が多くなるにつれて、不正も起こりがちになり、税務代弁者を取り締まる規則として、1942年、昭和17年に税務代理士法が制定され、これが約10年後に新たに税理士法となりました。

      税理士になるには、国家試験に合格するのが最も一般的です。



      この試験は年1回、8月に行われ、大学で経済学や法律学の履修経験がある、あるいは簿記検定の1級以上を持っているなどの受験資格が設けられています。11科目のうち5科目に合格する必要があり、合格率は毎回2パーセント前後とかなりの難関です。他にも、税務署に長年勤務している場合は、試験なしでこの職業につくことができますし、公認会計士や弁護士の資格を持った人は、税務業務を行うことができます。



      また税理士になると、社会保険労務士の業務の一部と、行政書士の業務を行うことが可能です。税理士の資格を得るためには、税理士の国家試験を受けて、合格した後に、税理士会に登録を行う事で、税理士として業務を遂行する事が可能になります。

      https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/200508/389329.html

      しかし、この国家試験を受験できるのは、以下にあげる受験資格が必要となりますので、誰もが受験を可能にするものでは有りません。

      受験資格は大きく分けると、学歴による受験資格、既に保有する資格によるもの、職歴によるもの、そして認定によるものと言う4つに分類されます。

      学歴における受験資格というのは、専門学校の専門課程を卒業して、法律学や経済学を学んだ人、大学や短大などを卒業した人の中で、法律学もしくは、経済学を主とする履修科目としての学部を卒業した人、これ以外の学部の中で、一般教養科目として、法律学や経済学に関係する科目を1科目以上履修して卒業している人などになります。

      https://4meee.com/articles/view/871601

      資格を保有している事で受験資格になると言うのは、社団法人全国経理学校協会が主催を行っている、簿記能力検定試験の上級合格者や、日本商工会議所が主催を行っている、簿記検定試験の1級合格者などになります。
      これらの資格を保有している事で受験資格が満たされる事になるのです。職歴による受験資格というのは、その職業に従事して3年以上が必要となります。

      http://smany.jp/1001

      弁護士を初めとして、司法書士や行政書士、社会保険労務士、そして不動産鑑定士と言った職業を遂行している場合や、会社の中での会計事務の経験を持つ人、税理士や公認会計士、弁護士と言った資格を持つ人の業務補助を行った経験者などになります。

      尚、認定による受験資格というのは、国税審議会からの国家試験の個別認定を受けている人などになります。

  • 関連リンク

    • 税理士になる事で、税務相談を初めとして、税務書類の作成や税務署への申請手続き、そして税務署への不服申し立てと言った独占業務を可能にします。資格を保有する事で、独占業務を可能にすると同時に、税金に関するプロとしての地位を獲得する事が可能になるのです。...

    • 会社を経営する中小企業の社長さんにとって、税金の申告や税金対策は重要です。帳簿のチェックや、時には全ての記帳を依頼する事もある程、会社の重要な機密を握る大きな役目を任せる事になる税理士は、どんな人でも良いというわけには行きません。...