税理士という資格は意外と目指しやすい

  • 税理士の国家試験の試験科目について

    • 税理士になる事で、税務相談を初めとして、税務書類の作成や税務署への申請手続き、そして税務署への不服申し立てと言った独占業務を可能にします。資格を保有する事で、独占業務を可能にすると同時に、税金に関するプロとしての地位を獲得する事が可能になるのです。
      税理士の国家試験は1年に1度行われる事になり、5科目の試験を受験し、合格を目指す形になります。

      但し、税理士の国家試験は、全ての科目が合格にならなかった場合、資格を得る事は出来ません。

      しかし、合格科目はそのまま継承され、不合格になった科目だけを翌年以降の国家試験で受験を行い、合格を目指す事になるのです。


      この国家試験の科目と言うのは以下のようなものとなります。必須科目でもある会計学を2科目受験します。科目としては、簿記論と財務表論の2科目の両方を受験します。必須科目でもある税法を1科目選択をして受験します。

      科目としては、所得税法もしくは法人税法の何れか1科目を選んで受験をします。

      必須科目でもある税法を2科目選択をして受験します。

      このうちの1科目は、税法1科目の選択の中で選択をしなかった所得税法もしくは法人税法の何れかと、相続税法、消費税法、酒税法、固定資産税、住民税、事業税、国税徴収法の中から2科目を選んで受験をします。


      尚、所得税法と法人税法の2つの科目のうち1科目は必須となりますが、片方の科目は、必須科目でもある税法2科目の中での選択肢になると言う特徴が有ります。
      税理士は、税務関係の業務以外にも税務に付随する財務会計業務や、同じく社会保険労務士の業務の一部なども行うわけですが、しかし、その主たる業務はあくまでも税務関係の業務です。


      税理士の主業務となっている税務関係業務は、税務代理、税務書類の作成、税務相談の三つに分けることができます。税務代理とは、税務当局による税務調査に立ち会っての対応業務となります。
      これは、税務当局である税務官公署に対して行われる、申告や申請、請求もしくは不服申立てなどを代理して行ったり、代行することとなります。また、これらに対して税務官公署が行う調査や処分に対しても、主張したり陳述したりする必要のある場合が生じますが、その代理や代行も行うこうになります。


      このためには、租税に関する法令や行政不服審査法の既定に通じている必要があるために、税務の専門家である税理士が必要となるのです。


      税務書類の作成とは、文字通りに税務申告書の作成です。

      税務申告の際には、いくつもの申告書や申請書、請求書、さらには不服申立書などを作成する必要があります。


      また、財務省令に定められているもので、その他の租税に関する法令の既定にもとづいて作成されて、税務当局に提出される書類もあるので、これらの作成が必要になる場合もあります。

      このような書類の作成を、税務申告を行う必要のある本人の代理として、税理士が作成するわけです。


      税務相談とは、主として租税の課税標準の計算に関する諸事項についての相談を受けること、となります。

      最高の京都の弁護士を知りたい方必見の情報を集めました。

      相続の弁護士情報探しにぴったりの情報を提供いたします。





      特徴のある遺言の弁護士を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

      http://okwave.jp/qa/q7801154.html

      http://news.mynavi.jp/news/2016/05/31/016/

      https://4meee.com/articles/view/111449

  • 関連リンク

    • 税理士になる事で、税務相談を初めとして、税務書類の作成や税務署への申請手続き、そして税務署への不服申し立てと言った独占業務を可能にします。資格を保有する事で、独占業務を可能にすると同時に、税金に関するプロとしての地位を獲得する事が可能になるのです。...

    • 会社を経営する中小企業の社長さんにとって、税金の申告や税金対策は重要です。帳簿のチェックや、時には全ての記帳を依頼する事もある程、会社の重要な機密を握る大きな役目を任せる事になる税理士は、どんな人でも良いというわけには行きません。...