税理士という資格は意外と目指しやすい

  • 税理士の仕事内容について

    • 税理士は、税金全般に関するエキスパートです。


      税務署に所定の年数以上勤続していたり、国家試験に合格することによって得られる資格で、会社の税務処理についての管理やアドバイス、書類作成を行ったり、個人の税金に関する相談に乗ったり、アドバイスをしたり、確定申告等の書類作成の作成代行を行います。

      税理士は基本的に税理士事務所を開設しており、相談するときには事務所まで出かけて行って話を聞く形になります。会社関係の税務や確定申告の作成、相続税の申告など得意分野を持っている人もいますが、基本的には税金に関する内容であればどういった案件でも相談や手続きの代行をしてくれます。
      個人でよくお世話になるのは、やはり相続税関係でしょう。相続税は控除額が大きいので基本的にほとんどの人は課税されませんが、逆に課税されるときにはかなりの納税額になります。

      現金や預貯金のみの相続であれば納税額を減らすことはできませんが、通常は絵画や骨とう品、不動産などの価格評価が必要なものも相続します。こういったとき、相続に詳しい税理士は評価額だけでなく、細かい条件を見てから適正な評価をしてくれる鑑定士に依頼して、遺産の価値を一般的な金額よりも合法的に下げた金額を出すことができます。


      その結果、納税額も大幅に減額でき、税理士の報酬を払ってもまだ利益が出ることがあります。
      納税額が減り、面倒な書類作成もせずに済みますので、一度相談してみると良いでしょう。


      税理士を目指すなら、しっかりと勉強する必要があります。何百人、何千人に一人の才能が必要なわけではありませんが、それでもかなり難しい国家資格ですから、相応の努力は求められます。

      勉強する方法と言うのは税理士の試験に関わらず二つあります。


      一つは独学であり、もう一つは学校に通うことです。
      それぞれにメリットがありますが、基本的には学校に通うことがお勧め出来ます。まず、しっかりと勉強をしようと言う意志が自分に働きます。
      お金を払って学校に通っているわけですから、少なくともいい加減な態度で通うことはなくなります。

      そして、学校では今まで培ってきたノウハウで効率よく勉強を教えてくれます。
      独学ですとどうしても非効率的な勉強法をしないといけないことが多くなります。
      但し、独学は費用が学校に通うことに比べたら段違いに安くなります。それが独学のメリットです。

      ある程度のところまでは独学で頑張って、本格的に税理士の資格試験の臨むときに学校に通う、と言う手もあります。


      専門学校では一から簿記を教えてくれるコースとある程度知識がある人向けのコースがあります。
      後者から行うことができれば、学費がある程度は安くなります。
      基礎的なことであるならば、今は十分にインターネットなどで情報を集めることが出来ますので、独学でも何とかなることがあります。

      しかし、さすがに本格的に試験に挑戦するには試験の傾向対策などをする必要もありますから、学校に通って勉強したほうが良いです。

      横浜の法律事務所に関する疑問が解決できます。

      初めてでもわかりやすい、大阪の遺言情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

      京都の相続のための情報を提供するサイトです。



      横浜の法律相談ならお任せください。

      http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H3K_X01C16A0CC0000/

      http://www.yomiuri.co.jp/adv/life/release/detail/00034419.html

      http://matome.naver.jp/odai/2141672355847944501

  • 関連リンク

    • 税理士になる事で、税務相談を初めとして、税務書類の作成や税務署への申請手続き、そして税務署への不服申し立てと言った独占業務を可能にします。資格を保有する事で、独占業務を可能にすると同時に、税金に関するプロとしての地位を獲得する事が可能になるのです。...

    • 会社を経営する中小企業の社長さんにとって、税金の申告や税金対策は重要です。帳簿のチェックや、時には全ての記帳を依頼する事もある程、会社の重要な機密を握る大きな役目を任せる事になる税理士は、どんな人でも良いというわけには行きません。...