税理士という資格は意外と目指しやすい

  • 税法のプロがいわゆる税理士です

    • 最近、安倍首相が消費税を8パーセントにする、ということで大きな話題となっています。

      京都の交通事故の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

      17年ぶりの引き上げということでこれから企業も準備をしなくてはならないと思いますが、実は税務というものは毎年変化しているものなのです。

      例えば、復興税。

      千葉市の弁護士についての情報です。

      所得税にも法人税にもかかっています。
      これが今度は法人税だけなくなる可能性も。

      また設備投資をした場合の減価償却などについても、実は結構変わっているのです。
      故人でいえば住宅ローン減税。


      これも5年から10年のスパンで変わっています。
      このように、国策に基づいて変化するのが税金。
      企業の担当者は常に目を光らせ、これらに対処していかなければなりません。
      そこで頼りになるのが税理士さん。


      彼らは税法のプロですから、情報に敏感です。

      大阪の相続ならこちらが人気です。

      すでに決まった税法だけでなく、これから変わるだろう税法についても情報と知識を持っています。

      最新の京都の相続の情報を多数ご用意したサイトです。

      ですから何か資産を購入するとき、設備投資をするときなど、有効なアドバイスをもらえることが多いのです。
      また、税法は日々発生する取引などにも微妙に絡んでくることも。

      契約書に貼る印紙税も、上手に契約書を作成しすれば節約できることもあるのです。


      そのほかにもちょっと変わった伝票の仕分けや取引があった時など、どのように帳簿に記載したらいいのか、どんどんと聞いてしまいましょう。
      その方が間違いなく、あとで修正申告、なんであわてることもないはずです。

      税理士さんというと確定申告時と税務調査の時しかお願いしない、なんていうのは本当にもったいない話なのです。わからないことがあったらどんどん税理士さんに質問して、変化していく税法、税制に上手に対応してください。
      税理士は国家資格です。
      資格を取るための条件は、税理士試験に合格した後2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国税従事者、公認会計士、弁護士が、税理士名簿への登録を受けることです。

      その上で「税理士」となり、税務をおこなうことができます。


      税理士は税務の専門科として、公正な立場で申告納税制度の理念に沿い、納税義務者の信頼に応えることを使命とします。


      業務としては納税義務者の求めに応じて、税務代理、税務書類作成、税務相談をする三つに大きく分けられます。

      相続放棄のための相談情報に関する耳より情報を公開しています。

      税務代理とは、税務署への申告、申請、請求、あるいは不服申立て、又税務調査に立会うことです。
      税務書類作成とは、税申告に係る申告書、申請書、請求書、不服申立書を作成し提出することです税務相談とは、納税義務者の税申告等について相談に応ずることです。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8239421.html

      納税義務者は税務署に相談することでこれらの業務内容を無償で受けられる場合もあります。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/178942/

      又業務に関する範囲において社会保険労務士業務の一部を担うことも出来ます。


      更に行政書士登録を受けることで行政書士となることも出来ます。

      小さな個人事業主さんではあまり必要な無いかも知れませんが、大きな会社を経営する上では税務処理は欠かせない事です。


      各業種に強い方や専門の業種をもたれる方も多いので、会社として契約したい場合は御自分の業種に合った方かどうかをも考える必要があります。


      このように会社の顧問となるのも業務のひとつです。

      http://news.livedoor.com/topics/detail/12169775/

  • 関連リンク

    • 税理士になる事で、税務相談を初めとして、税務書類の作成や税務署への申請手続き、そして税務署への不服申し立てと言った独占業務を可能にします。資格を保有する事で、独占業務を可能にすると同時に、税金に関するプロとしての地位を獲得する事が可能になるのです。...

    • 会社を経営する中小企業の社長さんにとって、税金の申告や税金対策は重要です。帳簿のチェックや、時には全ての記帳を依頼する事もある程、会社の重要な機密を握る大きな役目を任せる事になる税理士は、どんな人でも良いというわけには行きません。...